納豆食べ過ぎからくる影響

納豆食べ過ぎからくる影響

栄養バランスの良さに定評がある納豆ですが、一部痛風になるとか体臭になるとかいうよからぬ副作用の噂もあります。今回は納豆の副作用について調べてまとめてみました。

 

 

納豆を食べすぎると痛風になる?

納豆を食べすぎることで痛風になるという話があります。

 

痛風というのは尿酸が体内に蓄積し、それが結晶になることが原因で関節炎になってしまう症状のことです。

 

納豆と痛風に関してまだ明らかな繋がりが立証されているわけではないのですが、考えられる有力原因にはプリン体にあると思われます。

 

プリン体の摂りすぎで尿酸値が上がる

納豆には100gあたり115mgのプリン体が含まれていて、他の食品と比べると結構多いです。

 

プリン体は尿酸の元になる成分で録りすぎると体内の尿酸値が増えてしまうのです。それで痛風になってしまうというわけですね。

 

ただし納豆を1日1〜2パック食べる程度では痛風にはなりません。1日4パックも5パックも食べる習慣があれば危ないかもしれませんが、普通に朝と夜に1パックずつ程度ならバランスが崩れるほどのプリン体の量にはならないのです。

 

ホルモンバランスの崩れ

また納豆に含まれるイソフラボンも摂りすぎたら女性ホルモンのバランスを崩してしまい、ホルモンバランスの崩れからくる体調不良も心配です。

 

ただこれも1日2パックまでなら食品安全委員会が発表する上限の目安を超えないので大丈夫です。

尿酸値を下げる食品って?

尿酸値を下げるには尿酸を溶かしてしまうのが有効なわけです。尿酸を溶かすには尿を中性〜アルカリ性に傾ければいいのです。尿をアルカリ性に傾けることができる食べ物を以下に紹介します。
尿酸値を下げる食べ物まとめ: 豆腐・モズク・ワカメ・ほうれんそう・かぼちゃ・ごぼう・小松菜・ヒジキ・アスパラガス・春菊・トマト・人参・納豆・高野豆腐・枝豆・豆乳・おから・寒天・こんにゃく・昆布

尿をたくさん出そう

尿がたくさん出る=尿酸値が下がるということなので、利尿作用のある飲み物や食べ物を食べるのも効果的です。まあそうでなくともたくさん水やお茶を飲むようにすれば自然と尿の量は増えます。

尿酸値が高くなるのは食べ物だけが原因ではない

一般的にはプリン体が多い食べ物をたくさん食べれば尿酸値が高くなるといわれていますが、それだけが原因ともいえないのが難しいところですね。ストレスや運動不足といったものも尿酸値が高くなる要因として挙げられます。なので食事の改善を試みると同時にストレスを発散させる、適度な運動を心がけるといったことも実践できるといいでしょう。

スポンサードリンク

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

臭いの原因とは
納豆の特徴を端的に述べよといわれたら多分一番わかりやすいのが「臭い」が挙げられるのではないでしょうか。「臭い!ネバネバ!」この2点につきます。そして私にとっては「でもおいしい!」です。今回は納豆がどうしてくさいのか、その原因について解説しています。
適量は?
納豆がいくら健康によくて美容にもよくてなおかつ好物であったとしても「適量」というものはあります。どんな食べ物も食べ過ぎは毒ですからね。納豆の適量について紹介しています。
食べた後の口臭を消すには
納豆はとても美味しい食べ物ですが、においはとてもクサいですよね。食べた後にケアなしでは口臭の原因になってしまいます。今回は納豆の口臭を消すための方法を解説しています。
まずい!臭い!納豆嫌いを克服する方法
嫌いな食べ物はそう簡単に克服できるものではありません。納豆嫌いを克服するには今回紹介するような方法でじょじょに慣れていくことをおすすめします。
ワーファリン服用者には納豆が禁忌な理由
ワーファリンというのは血栓症の患者が服用する血栓を溶解するための薬です。そのワーファリンを服用している人は納豆を食べてはいけないといわれています。その理由はどうしてなのでしょうか。
犬に与えても大丈夫?
納豆を犬に与えても大丈夫なのでしょうか?また与えても良いとしたら消化などを考慮した適量などはあるのでしょうか。
猫に納豆をあげても大丈夫?
以前友達から猫に納豆をあげても大丈夫かということを聞かれた時に色々調べたのでその内容をご紹介します。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ