納豆の適量は?

納豆の適量は?

納豆がいくら健康によくて美容にもよくてなおかつ好物であったとしても「適量」というものはあります。どんな食べ物も食べ過ぎは毒ですからね。納豆の適量について紹介しています。

 

 

納豆の適量は?

納豆の適量に関しては納豆の何の効果を得たいかによって若干変わってくると思いますが、例えばたんぱく質を摂りたいのだとしたら適量としては1日1パック程度でしょう。

 

たんぱく質の適量は大体1日50〜60g程度といわれています。これくらいを納豆だけで補充しようとするともちろん納豆だけでは足りませんが、1日のうちには納豆だけでなく肉や魚、卵なども食べるかと思います。

 

たんぱく質はこれらと納豆1パックで十分事足りるでしょう。

 

納豆の食べ過ぎは健康上問題?

納豆の食べ過ぎではセレンやミネラルの過剰摂取が心配なところです。

 

セレンを過剰摂取すると嘔吐や脱毛などの症状が現れる危険があるそうです。

 

ただし納豆1パック分にはセレンが234μgなのに対し、こういった症状が発祥するのは730〜750μg以上とされていますので、1日2パック程度なら特段心配することもないですね。

 

3パック以降から少し気をつけたほうがいいといった感じです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

臭いの原因とは
納豆の特徴を端的に述べよといわれたら多分一番わかりやすいのが「臭い」が挙げられるのではないでしょうか。「臭い!ネバネバ!」この2点につきます。そして私にとっては「でもおいしい!」です。今回は納豆がどうしてくさいのか、その原因について解説しています。
食べた後の口臭を消すには
納豆はとても美味しい食べ物ですが、においはとてもクサいですよね。食べた後にケアなしでは口臭の原因になってしまいます。今回は納豆の口臭を消すための方法を解説しています。
まずい!臭い!納豆嫌いを克服する方法
嫌いな食べ物はそう簡単に克服できるものではありません。納豆嫌いを克服するには今回紹介するような方法でじょじょに慣れていくことをおすすめします。
食べ過ぎからくる影響/尿酸値が上がる
栄養バランスの良さに定評がある納豆ですが、一部痛風になるとか体臭になるとかいうよからぬ副作用の噂もあります。今回は納豆の副作用について調べてまとめてみました。
ワーファリン服用者には納豆が禁忌な理由
ワーファリンというのは血栓症の患者が服用する血栓を溶解するための薬です。そのワーファリンを服用している人は納豆を食べてはいけないといわれています。その理由はどうしてなのでしょうか。
犬に与えても大丈夫?
納豆を犬に与えても大丈夫なのでしょうか?また与えても良いとしたら消化などを考慮した適量などはあるのでしょうか。
猫に納豆をあげても大丈夫?
以前友達から猫に納豆をあげても大丈夫かということを聞かれた時に色々調べたのでその内容をご紹介します。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ