納豆菌の効能/ダイエット効果・血栓予防・ビタミンKで骨が丈夫に!

ワーファリン服用者には納豆が禁忌な理由

ワーファリンというのは血栓症の患者が服用する血栓を溶解するための薬です。そのワーファリンを服用している人は納豆を食べてはいけないといわれています。その理由はどうしてなのでしょうか。

 

 

ワーファリン服用中の血栓症患者に納豆が禁忌扱いされる理由

納豆に含まれる酵素であるナットウキナーゼは血栓を溶かす作用がありますから、ワーファリンと同じような作用なのにどうして?と思われるかもしれません。

 

ですが納豆にはビタミンKというワーファリンの効果を弱めてしまう成分がたくさん含まれています。

 

数ある食品の中でも納豆のビタミンKの含有量はトップレベルなのです。

 

血栓症を持つワーファリン服用者が納豆を摂取してはいけないと、禁忌扱いされる理由はこれなのです。

 

※食べてしまった場合は?
ワーファリン服用者が食べてしまった場合まれに命にかかわる副作用が出ることもあるということなので注意してください。ワーファリンってそれだけ微妙なお薬らしいのです。納豆好きにはつらいかもしれませんが治るまで我慢しましょう・・・。

 

納豆の他にもパセリやしそ、モロヘイヤなどもビタミンKの含有量が多く、制限の必要があるのでしょう。

 

納豆以外の大豆製品は?

ただ納豆が駄目だからといって他の大豆製品全てを避ける必要はありません。

 

ビタミンKをワーファリンの効力を妨げるまで含んでいる大豆製品は納豆くらいのもので、他の大豆製品は気にせず食べていいはずです。

 

納豆を食べたい!

また同じねばねばの食べ物ということでオクラや山芋などに不安を抱くかもしれませんね。

 

確かに納豆のネバネバもオクラなどのネバネバも同じ「ムチン」という成分から作られています。ですがビタミンKはムチンから作られているわけではないので、大丈夫ですよ。

 

ワーファリン服用者でどうしても納豆が食べたい気持ちになってしまったらこういった他のネバネバの食べ物で代用してはいかがでしょうか。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

臭いの原因とは
納豆の特徴を端的に述べよといわれたら多分一番わかりやすいのが「臭い」が挙げられるのではないでしょうか。「臭い!ネバネバ!」この2点につきます。そして私にとっては「でもおいしい!」です。今回は納豆がどうしてくさいのか、その原因について解説しています。
適量は?
納豆がいくら健康によくて美容にもよくてなおかつ好物であったとしても「適量」というものはあります。どんな食べ物も食べ過ぎは毒ですからね。納豆の適量について紹介しています。
食べた後の口臭を消すには
納豆はとても美味しい食べ物ですが、においはとてもクサいですよね。食べた後にケアなしでは口臭の原因になってしまいます。今回は納豆の口臭を消すための方法を解説しています。
まずい!臭い!納豆嫌いを克服する方法
嫌いな食べ物はそう簡単に克服できるものではありません。納豆嫌いを克服するには今回紹介するような方法でじょじょに慣れていくことをおすすめします。
食べ過ぎからくる影響/尿酸値が上がる
栄養バランスの良さに定評がある納豆ですが、一部痛風になるとか体臭になるとかいうよからぬ副作用の噂もあります。今回は納豆の副作用について調べてまとめてみました。
犬に与えても大丈夫?
納豆を犬に与えても大丈夫なのでしょうか?また与えても良いとしたら消化などを考慮した適量などはあるのでしょうか。
猫に納豆をあげても大丈夫?
以前友達から猫に納豆をあげても大丈夫かということを聞かれた時に色々調べたのでその内容をご紹介します。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ