納豆菌の効能/ダイエット効果・血栓予防・ビタミンKで骨が丈夫に!

ナットウキナーゼで血栓予防ができる?

納豆に含まれるナットウキナーゼの代表的な効能として挙げられるのが「血栓予防」ですよね。どうしてナットウキナーゼが血栓予防に効果的なのか。その理由を解説しています。

 

 

ナットウキナーゼが血栓を溶解する理由

ナットウキナーゼが血栓予防に効果的な理由は、この酵素が血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけて分解する作用があるからです。

 

またプロウロキナーゼという体の中にある血栓溶解酵素ウロキナーゼを活性化させる役割もあるのも理由の一つですね。

 

サプリがより効果的

ナットウキナーゼサプリを摂取するメリットとしては血液凝固を促進するビタミンK2が除去されていることですかね。

 

まあ血液凝固って怪我の治りを早くするなどのの良い面もあるのですが、高血圧や動脈硬化に悩まされている人にはおすすめです。

 

納豆を食べてもナットウキナーゼの効果は受けられるのですが、やはりビタミンK2も同時に摂取することになるのでどうしても効果は半減します。

 

血栓症の患者は納豆を制限している

例えば血栓症患者の人はワルファリンという血栓予防の薬を服用しているのですが、彼らは納豆を食べることを制限されています。

 

納豆のビタミンK2によって薬の効果が抑制されるおそれがあるからです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

効果の賛否について
納豆に代表される酵素である「ナットウキナーゼ」の効果については賛否両論あるようです。今回はナットウキナーゼの効能について解説していきたいと思います。
高血圧の予防改善
納豆のナットウキナーゼを毎日継続的に摂取することで、様々な病気の原因となる高血圧が解消されることが期待されています。
サプリの効果は?評判は?
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
過剰摂取による副作用について
ナットウキナーゼを食べ過ぎる、過剰摂取することによる副作用などがないのか不安に思う方がいるようなのでお答えしておきます。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ