納豆菌の効能/ダイエット効果・血栓予防・ビタミンKで骨が丈夫に!

納豆菌の効果・効能まとめ

納豆菌の効果・効能に近年注目が集まっています。どうしてなのでしょうか。

 

 

■納豆菌とは
納豆菌というのは納豆の製造に利用される枯草菌の一種です。主に稲の藁に生息し、稲の藁1本にやく1000万個の納豆菌が生息しているといわれています。

 

納豆菌の効能〜整腸作用〜

現代は食生活も乱れ本来の腸内細菌の働きが低下してしまっています。腸内環境が悪くなってしまうと免疫機能が落ちてしまい体調不良や肌荒れを引き起こしやすくなります。

 

そこで活躍してくれるのが納豆菌です。

 

納豆菌には整腸作用があることが確認されています。腸の善玉菌を増加させてくれ腸内環境を綺麗に整えてくれるのだそうです。

 

腸内環境を綺麗に保つことは自身の健康や美に気を使うのなら忘れてはならないことです。

 

大豆の栄養促進剤として働く

大豆は畑の肉といわれるほどたんぱく質や脂肪分が豊富です。ですがその反面生では固く消化されにくいという欠点がありました。

 

ですが納豆菌により発酵させればこの欠点を解消出来る上、元々の栄養源も打ち消しません。効能をそのままに消化吸収の優れる食材へと変えてくれるのです。

 

腸内細菌はもう一つの臓器?

人間の腸内には約100兆個もの腸内細菌が住みついています。これは重さにするとなんと1kgにもなるそうです。これは肝臓の重量にも相当することから腸内細菌は見えないもう一つの臓器ともいわれています。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

ダイエット効果
納豆菌にダイエット効果があるというのは本当なのでしょうか。また本当なのだとしたら何故食事制限をするでもなく納豆菌を摂取するだけでダイエット効果を得ることができるのか不思議ですよね。
整腸作用
お腹の健康、長寿の秘訣になる納豆菌の作用について詳しく解説しています。
病気に強い!長寿の秘訣!
日本人にはかなり馴染みのある食材である納豆ですが、その効用の数々は日本人の長寿の要因の一つなのではないかと思えるほどです。納豆菌は様々な病気の予防になることが注目を集めています。
納豆菌が最も活性する温度
納豆菌がもっとも活性する温度、つまり活動しやすい(別の言い方だと発酵しやすい)温度について解説しています。
納豆菌が胃酸で全滅しない理由
納豆といえば納豆菌の整腸作用が有名ですが、そもそも腸まで納豆菌が行くまでには胃を通過しなければなりませんよね。そこでふとよぎる疑問が「胃酸によって死滅してしまわないのか?」ということです。
納豆菌って購入できるの?
納豆の臭みや食感が苦手という方は納豆菌サプリを購入して飲み薬感覚で摂取してみてはいかがでしょうか。
納豆菌と乳酸菌の相性
納豆といえば納豆菌の健康効果が一時期ブームになったほどですよね。食べ合わせって結構大事で下手な食べ合わせはお互いの効果を打ち消し合い意味のないものにしてしまうことも・・・。今回は納豆菌と乳酸菌の相性について気にされる声を聞くことが多いので、納豆マニアの私がお答えしていきたいと思います。
納豆菌の培養方法
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ