枝豆の美味しい食べ方

枝豆の美味しい食べ方

ビールに枝豆は定番中の定番おつまみですよね。でもおつまみとしてだけでなく、おやつやおかずとしても枝豆の美味しい食べ方はまだまだあります。簡単に出来る枝豆の美味しい食べ方をご紹介します。

 

おつまみとしての枝豆

最も基本の枝豆の食べ方は塩茹でですね。枝豆の新鮮さと塩加減、お湯の量、そして茹で時間が美味しく茹でる大切な条件です。塩揉みした枝豆を、塩加減4%の塩で茹でます。お湯は多めで茹で時間は3?5分以内。茹であがれば素早く冷やします。これが塩茹での枝豆の美味しい食べ方です。

 

もうひとつの美味しい食べ方に焼き枝豆があります。あまり聞き慣れないかもしれませんが、塩で揉んだ枝豆をフライパンに入れ、水を少々入れ蓋をして薄く焦げ目がつくまで焼きます。枝豆の塩茹でに飽きたら、この焼き枝豆がおすすめです。

 

茹でる、焼くとくれば次は揚げる枝豆の美味しい食べ方です。シンプルですが、新鮮な食感を味わえる食べ方です。揚げ方は素揚げにするだけです。熱いうちに食べると、いくらでもビールが進んでしまいそうですよ。

 

副菜として利用

枝豆は副菜として数々の利用方法があります。枝豆をご飯と一緒に炊き込む、茹でてやさから出した枝豆と人参、ひじきを混ぜるだけの簡単サラダ、または茹でた枝豆をすり潰して作るスープや、和菓子のずんだあんにするのも枝豆の美味しい食べ方です。

 

どの料理に使うにせよ、枝豆は鮮度が命と言える野菜です。すぐに使わない場合は、茹でて冷凍しておきましょう。そうすれば、必要な時に何時でも新鮮な枝豆を、お好みの美味しい食べ方で楽しめますよ。

 

枝豆は塩茹での他にも美味しい食べ方が色々あります。鮮度が美味しさの鍵になる野菜なので、すぐに使わない場合は冷凍して保存し、必要な時に使うようにしましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

枝豆の食べ方のマナーについて
お店でも家庭でも食べられる枝豆ですが、枝豆の食べ方には知っておくべきマナーがあるのでしょうか。さやがついたまま出される枝豆の食べ方について調べてみました。
枝豆とビールは何故合うのか?
ビールのおつまみと言えば、真っ先に思いつく食べ物が枝豆ですね。味は勿論ですが、ビールのおつまみに何故枝豆が合うのか、理にかなっている事実があるのです。
枝豆の選び方
美味しくて新鮮な枝豆の選び方は是非知っておきたいですよね。選び方次第で、枝豆の美味しさも随分と変わってきます。失敗しない枝豆の選び方とは?
枝豆の名産地
枝豆は日本全国で栽培されている野菜です。枝豆には400種を超える品種があり、 枝豆の品種により名産地も様々です。代表的な枝豆から、ブランド枝豆と呼ばれる希少価値の高い品種の枝豆までの名産地をご紹介します。
枝豆の種類と違いについて
見た目はよく似ていても、枝豆には色々な種類があります。広く一般的に出回っている品種から、特定の地域で栽培されている希少価値の高い枝豆まで、枝豆の種類と違いについてご紹介します。
枝豆の旬と季節
冷凍枝豆も出回っている今日、一年中食べる事が出来る枝豆ですが、枝豆の旬の時期 はいつでしょうか? どうせなら、枝豆が一番美味しくなる季節に是非食べたいですよね。
枝豆のさやは食べる?
枝豆を食べると、さやが結構多く残りますよね。豆を食べてもさやは食べないのが 一般的ですが、このさや、果たして食べることは可能なのでしょうか?
枝豆の世界の生産量
枝豆は日本各地で栽培されていますが、海外からも輸入されています。輸入により、今や一年中枝豆が食べられます。世界の枝豆の生産量、日本の生産量、輸入量などについてまとめてみました。
枝豆の歴史
おつまみやおやつとして広く愛されている枝豆ですが、元々は大豆から生まれたのです。栄養も美味しさもぎっしり詰まった、しかし意外に知られていない枝豆の歴史についてご紹介しましょう。
枝豆の葉っぱは食べられる?
旬の枝豆を枝付きで買ってくると、きれいな葉っぱが沢山ついてきます。枝豆の実だけを食べ、葉っぱを捨てるにはちょっと勿体ない気がしますね。枝豆の葉っぱは食べられるのでしょうか? 食べられるとすれば、どんな調理法があるのでしょうか。
枝豆は野菜、大豆は豆類
枝豆は元々は大豆です。大豆は豆類ですが、成長途中の未熟な段階で収穫される枝豆は、野菜に分類されます。つまり枝豆は、豆類と野菜の両方の栄養素を併せ持った野菜なのです。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ