枝豆の種類と違いについて

枝豆の種類と違いについて

見た目はよく似ていても、枝豆には色々な種類があります。広く一般的に出回っている品種から、特定の地域で栽培されている希少価値の高い枝豆まで、枝豆の種類と違いについてご紹介します。

 

枝豆の種類

枝豆は大まかに青豆、茶豆、黒豆の3種類に分類されます。そしてその3種類に分けられたなかでも様々な種類があります。味、大きさ、色、早生、晩生等の違いにより、国内だけでも400品種以上があると言われています。

 

青豆、茶豆、黒豆の違い

国内で最も多く出回っている枝豆が青豆で、さやに付いている産毛が白く、白毛豆とも呼ばれます。全国で栽培されていて、鮮やかな緑色のさやが特徴で、ひとつのさやに2?3粒の豆が入っています。収穫時期や豆の大きさの違い等で色々な品種がある豆です。

 

茶豆は東北地方で主に生産されています。外見上の違いは普通の枝豆と変わりませんが、中の薄皮が茶色で、ひとつのさやに2粒の豆が入っています。青豆より少し遅く収穫される品種が多いのも特徴です。

 

黒豆は関西地方で主に栽培されていて、お正月の煮豆として使われるのが一般的です。黒豆は、黒大豆の未成熟な段階で収穫され、さやの中の薄皮が黒っぽい色をしています。収穫時期は茶豆よりも遅くて短く、生産量も少なめです。

 

ブランド枝豆

特定の地域で栽培され、出荷量が少なく、希少価値の高い枝豆は、ブランド枝豆と呼ばれています。
白毛豆では、青森津軽地方の毛豆、千葉の小糸在来、神奈川三浦半島のはねっ娘会の枝豆などがあり、茶豆では、山形鶴岡のだだちゃ豆、新潟黒崎の黒崎茶豆、黒豆では兵庫、丹波篠山の丹波篠山黒大豆などが有名です。

 

枝豆は青豆(白毛豆)、茶豆、黒豆の3種類に分類され、その中でも 味、大きさ、色、収穫時期など違いにより分類され、国内だけでも400種類以上があります。 限定地域で栽培されるブランド枝豆も出回っています。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

枝豆の美味しい食べ方
ビールに枝豆は定番中の定番おつまみですよね。でもおつまみとしてだけでなく、おやつやおかずとしても枝豆の美味しい食べ方はまだまだあります。簡単に出来る枝豆の美味しい食べ方をご紹介します。
枝豆の食べ方のマナーについて
お店でも家庭でも食べられる枝豆ですが、枝豆の食べ方には知っておくべきマナーがあるのでしょうか。さやがついたまま出される枝豆の食べ方について調べてみました。
枝豆とビールは何故合うのか?
ビールのおつまみと言えば、真っ先に思いつく食べ物が枝豆ですね。味は勿論ですが、ビールのおつまみに何故枝豆が合うのか、理にかなっている事実があるのです。
枝豆の選び方
美味しくて新鮮な枝豆の選び方は是非知っておきたいですよね。選び方次第で、枝豆の美味しさも随分と変わってきます。失敗しない枝豆の選び方とは?
枝豆の名産地
枝豆は日本全国で栽培されている野菜です。枝豆には400種を超える品種があり、 枝豆の品種により名産地も様々です。代表的な枝豆から、ブランド枝豆と呼ばれる希少価値の高い品種の枝豆までの名産地をご紹介します。
枝豆の旬と季節
冷凍枝豆も出回っている今日、一年中食べる事が出来る枝豆ですが、枝豆の旬の時期 はいつでしょうか? どうせなら、枝豆が一番美味しくなる季節に是非食べたいですよね。
枝豆のさやは食べる?
枝豆を食べると、さやが結構多く残りますよね。豆を食べてもさやは食べないのが 一般的ですが、このさや、果たして食べることは可能なのでしょうか?
枝豆の世界の生産量
枝豆は日本各地で栽培されていますが、海外からも輸入されています。輸入により、今や一年中枝豆が食べられます。世界の枝豆の生産量、日本の生産量、輸入量などについてまとめてみました。
枝豆の歴史
おつまみやおやつとして広く愛されている枝豆ですが、元々は大豆から生まれたのです。栄養も美味しさもぎっしり詰まった、しかし意外に知られていない枝豆の歴史についてご紹介しましょう。
枝豆の葉っぱは食べられる?
旬の枝豆を枝付きで買ってくると、きれいな葉っぱが沢山ついてきます。枝豆の実だけを食べ、葉っぱを捨てるにはちょっと勿体ない気がしますね。枝豆の葉っぱは食べられるのでしょうか? 食べられるとすれば、どんな調理法があるのでしょうか。
枝豆は野菜、大豆は豆類
枝豆は元々は大豆です。大豆は豆類ですが、成長途中の未熟な段階で収穫される枝豆は、野菜に分類されます。つまり枝豆は、豆類と野菜の両方の栄養素を併せ持った野菜なのです。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ