枝豆のさやは食べる?

枝豆のさやは食べる?

枝豆を食べると、さやが結構多く残りますよね。豆を食べてもさやは食べないのが 一般的ですが、このさや、果たして食べることは可能なのでしょうか? 

 

枝豆のさやを食べない理由

枝豆は、さやの中にはいっている豆がまだ柔らかいうちに収穫して食べます。従って、さやごと食べるという風には考えられず、さやを柔らかくするような改良もされていません。枝豆のさやは、さやえんどうや、インゲンのように柔らかくないので基本的には廃棄するのが一般的です。

 

枝豆のさやを食べる

食べられないのが普通だと思っている野菜の部分、たとえばかぼちゃの種とワタ、スイカの皮などを調理して食べるレシピもあります。食べられないと思って捨てているだけで、実は食べられる部分だったりする場合があります。
枝豆のさやも調理方法が少ないとは言え、さやを使うレシピは存在します。

 

枝豆のさやを使った調理方法

枝豆を塩茹でし、豆とさやに分け、さやと牛乳、水をミキサーで混ぜて漉し、クリームとスープの素と枝豆の豆を入れてスープを作るという、枝豆のさやを使った調理方法があります。  

 

また、枝豆のさやに小麦粉をまぶして油で揚げる、枝豆のさやの唐揚げ風レシピもあります。枝豆のさやには老化防止に効果的なβカロチンが豊富に含まれているそうです。

 

この他、みそ汁の出汁として使ったり、フードプロセッサーやミキサーでさやを潰してから、かき揚げ等に利用する方法もあるようです。

 

注意すべき点

さやを調理する場合、農薬等の問題を考えると、オーガニック表示のある枝豆を使うようにした方がよさそうです。

 

枝豆のさやは、少ないとは言えスープや唐揚げ等の調理方法があります。さやを食べる場合、オーガニック表示のある枝豆の方がよさそうです。

 

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

枝豆の美味しい食べ方
ビールに枝豆は定番中の定番おつまみですよね。でもおつまみとしてだけでなく、おやつやおかずとしても枝豆の美味しい食べ方はまだまだあります。簡単に出来る枝豆の美味しい食べ方をご紹介します。
枝豆の食べ方のマナーについて
お店でも家庭でも食べられる枝豆ですが、枝豆の食べ方には知っておくべきマナーがあるのでしょうか。さやがついたまま出される枝豆の食べ方について調べてみました。
枝豆とビールは何故合うのか?
ビールのおつまみと言えば、真っ先に思いつく食べ物が枝豆ですね。味は勿論ですが、ビールのおつまみに何故枝豆が合うのか、理にかなっている事実があるのです。
枝豆の選び方
美味しくて新鮮な枝豆の選び方は是非知っておきたいですよね。選び方次第で、枝豆の美味しさも随分と変わってきます。失敗しない枝豆の選び方とは?
枝豆の名産地
枝豆は日本全国で栽培されている野菜です。枝豆には400種を超える品種があり、 枝豆の品種により名産地も様々です。代表的な枝豆から、ブランド枝豆と呼ばれる希少価値の高い品種の枝豆までの名産地をご紹介します。
枝豆の種類と違いについて
見た目はよく似ていても、枝豆には色々な種類があります。広く一般的に出回っている品種から、特定の地域で栽培されている希少価値の高い枝豆まで、枝豆の種類と違いについてご紹介します。
枝豆の旬と季節
冷凍枝豆も出回っている今日、一年中食べる事が出来る枝豆ですが、枝豆の旬の時期 はいつでしょうか? どうせなら、枝豆が一番美味しくなる季節に是非食べたいですよね。
枝豆の世界の生産量
枝豆は日本各地で栽培されていますが、海外からも輸入されています。輸入により、今や一年中枝豆が食べられます。世界の枝豆の生産量、日本の生産量、輸入量などについてまとめてみました。
枝豆の歴史
おつまみやおやつとして広く愛されている枝豆ですが、元々は大豆から生まれたのです。栄養も美味しさもぎっしり詰まった、しかし意外に知られていない枝豆の歴史についてご紹介しましょう。
枝豆の葉っぱは食べられる?
旬の枝豆を枝付きで買ってくると、きれいな葉っぱが沢山ついてきます。枝豆の実だけを食べ、葉っぱを捨てるにはちょっと勿体ない気がしますね。枝豆の葉っぱは食べられるのでしょうか? 食べられるとすれば、どんな調理法があるのでしょうか。
枝豆は野菜、大豆は豆類
枝豆は元々は大豆です。大豆は豆類ですが、成長途中の未熟な段階で収穫される枝豆は、野菜に分類されます。つまり枝豆は、豆類と野菜の両方の栄養素を併せ持った野菜なのです。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ