冷蔵庫と冷凍庫での枝豆の保存方法

冷蔵庫と冷凍庫での枝豆の保存方法

一度で食べきれない枝豆は、冷蔵庫と冷凍庫で保存する方法があります。それぞれの保存の仕方と、出来るだけ美味しさを保てる枝豆の保存方法について調べてみました。

 

枝豆の美味しさは鮮度

枝豆の美味しさは鮮度です。枝豆は大豆の未成熟な状態で収穫されたもので、収穫後も成長し、糖分を分解します。その結果、甘みがなくなって、美味しさが失われていきます。ですので、枝豆は収穫した後、すぐに茹でて食べるのが一番美味しいのです。

 

枝豆の冷蔵庫での保存方法

一度に食べきれない枝豆の保存方法のひとつが冷蔵庫で保存する方法です。
生で保存する場合は、葉と茎がついたまま、湿らせた新聞紙に包み、冷蔵庫で保存します。ただし、生のままでは味がどんどん落ちていきますから、出来るだけ早めに食べましょう。

 

茹でてから冷蔵庫で保存する方法は、枝豆を熱湯で茹で、冷水に浸けるか、新聞紙などに広げうちわか扇風機であおいで冷まします。その後、すぐに冷蔵庫で保存します。生でも茹でても、冷蔵庫で保存できる期間は3日程です。

 

枝豆の冷凍庫での保存方法

枝豆を冷凍保存する場合の利点は、冷蔵庫に比べて保存できる期間が1か月と長くなる上、風味や味の劣化を最小限に防ぐ事が出来る最もおすすめの保存方法です。

 

冷凍庫で保存する場合は、さやつきのままでも、中身を出して保存することも可能です。ジップロックバッグか密閉容器に入れ、急速冷凍するためにアルミホイルで被ってから冷凍庫に入れます。生のままでも冷凍できますが、固めに茹でて冷凍しても便利です。その場合は、食べる時に再度、簡単にさっと茹でると美味しいです。茹で過ぎには注意しましょう。

 

枝豆の保存方法は冷蔵庫と冷凍庫の二つがあります。冷凍庫での保存が美味しさを保てる最もおすすめの保存方法です。生でも茹でても保存可能です。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

枝豆の美味しい茹で方
ビールのおつまみの定番と言えば枝豆。塩茹でするだけで簡単に楽しめる枝豆ですが、これがなかなかうまく茹でられない事が多いのです。家庭でも出来る、お店で出されるような枝豆の美味しい茹で方をご紹介します。
枝豆の茹で時間は何分?
枝豆は茹で方と茹で時間により味が変わってきます。何分くらい茹でると美味しい枝豆ができるのでしょうか。枝豆の茹で時間について調べてみました。
電子レンジを使った枝豆の塩茹での作り方
電子レンジを使っても、枝豆の塩茹でが美味しく作れます。電子レンジの利点は、手間と時間の節約になります。電子レンジでの枝豆の塩茹での作り方を早速ご紹介しましょう。
枝豆の茹で時間は固めが良い?
ビールのお供、枝豆は美味しく茹でて食べたいですね。茹であがった枝豆の固さは美味しさの 決め手となる大切な要素のひとつです。枝豆は固めに茹でた方が良いと言われていますが、茹で時間はどれ位で美味しくなるのでしょうか?
枝豆の変色の原因と防止する方法
枝豆は、鮮やかな緑色が奇麗で食欲をそそられますね。でも、冷蔵庫に入れていたら変色したり、茹でると変色したりする場合があります。変色の原因と変色を防止する方法はあるのでしょうか?
枝豆はどれくらい日持ちする?
夏は枝豆の美味しい季節で、沢山の枝豆を貰ったりすることがありますよね。1度で食べきれない場合に気になるのは枝豆の日持ちです。枝豆はどのくらい日持ちするのでしょうか。生の場合と茹でた場合の日持ちの違いはどうでしょうか。
枝豆は冷凍すると栄養が失われる?!
栄養があり美味しい枝豆ですが、 一度に食べきれずに冷凍した場合、枝豆の栄養は失われるのでしょうか。冷凍した場合と生の場合の栄養はどう違ってくるのでしょうか。
茹でた枝豆の賞味期限
枝豆を茹でて余ってしまった時、また次も美味しく食べたいですよね。茹でた枝豆の賞味期限とはどれくらいなのかを知っておきましょう。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ