大豆イソフラボンが豊富に含まれている食べ物

大豆イソフラボンが豊富に含まれている食べ物

日本人の食生活において大豆というのは深く根付いており、厚生労働省などが定めている「一日の摂取量」程度であれば、サプリメントなど使わなくても多少気を付けた食生活であれば達成すると考えられています。
ここではそんな大豆イソフラボンを多くふくんだ食品について解説してみたいと思います。

 

実はかなり多い「きなこ」

大豆イソフラボンが多い食品というのは大豆関係の食品というのは誰でも想像がつくのですが、大豆自体を食べるよりも黄粉の方がイソフラボンの量が多い事はあまり知られていません。
黄粉は熱を加えてすい分を飛ばしその上皮など無駄な部分を剥いで粉にしたものですから栄養素が非常豊富な食品なのです。

 

基本的に「大豆に近い方が多い」

無駄な部分を取った黄粉を例外とすると、基本的には「大豆に近い方が栄養素が高い」という事が言えます。
具体的には大豆や煮豆、炒り大豆や納豆などはかなりの含有量を誇っており、おからやしょうゆなどは加工の際に他の成分も混ざるので栄養素としては落ちてしまいます。

 

大豆をそのまま食べたり煮豆を食べるというのは、現代の食生活のなかではすくなくなりましたがその分各種加工食品が手軽に入るようになったので、大豆イソフラボンを取るのにはまったく苦労しません。
なのでバランス良い食事を心がけて居れば、必要な量は簡単に取る事ができます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆イソフラボンの効率がよい摂取方法は
昨今ではその健康への効果などから、健康食品の分野で注目を集めているのが大豆イソフラボンです。 ここではそんな大豆イソフラボンの効率がよい摂取方法について考えてみます。
大豆イソフラボンの適切な摂取時間は
大豆製品をよく食べる日本人にとって大豆イソフラボンをサプリメントなどで追加で摂取しても効果が薄いのではないか、という意見があるのは確かですが、現実問題として食生活の乱れなどで常に適切な量のイソフラボンを取れるとは限りません。 ここではそんな時、サプリメントなどをいつ摂取したら良いかという事をまとめてみます。
大豆イソフラボンは一日でどれくらい摂取するべき
大豆イソフラボンは比較的最近注目が集まった分野であり、まだまだ研究などが進んでいませんが健康食品などに使われています。 しかしその多量の摂取による健康被害なども報告されています。
女性にとって適切な大豆イソフラボンの摂取量はどの程度か
まず前提となることとして、日本では古くから大豆と大豆を加工した食品が食べられてきましたが、それによって大きな健康障害が起きたなどということは報告されていません。 しかし昨今では健康食品などで効率よくとることが可能になったため「妊婦の方は普通の食事に上乗せして摂取するのは推奨できない」と言われています。
納豆で十分?大豆イソフラボンの摂取量について
大豆イソフラボンの摂取量として、国が定めている基準値は「70mg」です。 一方で大豆を使った食品の代表である納豆には50gあたり65mgが含まれているとされています。 つまり、通常の摂取量としては納豆を一日1パック食べるだけで十分補えるという事になります。
豆腐や納豆の大豆イソフラボンの含有量
大豆と大豆を原料にした食品に多く含まれている大豆イソフラボンですが、最近では健康への効果を期待して追加でイソフラボンの成分を添加した健康食品などが売られています。 そのため厚生労働省などの機関が「過剰摂取の危険性」を説く事態となっています。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ