納豆は脳梗塞の予防になる?

納豆は脳梗塞の予防になる?

納豆が脳梗塞に良いとされる理由を解説する前にまず脳梗塞の原因について知っておきましょう。

 

脳梗塞は何故起こる?
脳梗塞というのは脳に血液を送るための血管が詰まってしまい脳細胞が死んでしまうことにより起こる疾患です。前兆として顔面の神経が麻痺したり、言語障害が起こったりします。

 

納豆が脳梗塞の予防に良いといわれる理由

血管が詰まる原因としては血栓が血液中にできてしまうことが挙げられます。なのでこの血栓を溶かすことができれば脳梗塞の予防や改善に効果が期待できるのです。

 

納豆のナットウキナーゼには血栓を溶解する作用があるといわれています。

 

私たちの体にはもともと血栓を溶かす酵素があるものの、この酵素は30代頃から徐々に減り始めてしまいます。

 

なので食べ物で血栓溶解の役割を持つ成分を補完してあげることが奨められるのです。

 

脳梗塞が起きる時間帯

脳梗塞が最も起きやすい時間帯は朝だといわれています。

 

・就寝中に血圧が下がり、血流が悪化すること

 

・朝には血中の水分が足りなくなり血液がドロドロになりやすいこと

 

・起床時には血圧があがりやすいこと

 

こういった理由により朝は血管がつまりやすく、脳梗塞になりやすいのです。

 

夜に納豆を食べよう

こうした脳梗塞が起きやすい時間帯から、納豆は夜に食べることをおすすめします。ナットウキナーゼの血栓溶解効果は8時間くらい持続しますから、血栓ができやすい就寝中に重なります。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大腸がんの予防
納豆のような大豆食品に含まれるイソフラボンという成分が癌予防に効果的だとして注目されています。
育毛効果
納豆の育毛効果について気になるという声がいくらかネット上に見受けられるので私なりの意見をば。
骨が丈夫になる
納豆にはカルシウムやビタミンK2といった骨を丈夫にする為の栄養素が豊富です。現代人は食生活の変化によって慢性的にカルシウムが不足しているといいますから、骨折や骨粗しょう症予防の為にも是非納豆を積極的に食べて欲しいです。
糖尿病の合併症予防
納豆が糖尿病予防に効果があるのかということを気にされる方が多いようです。納豆と糖尿病予防にどういった接点があるのでしょうか。
血圧を下げる理由
納豆の高血圧改善効果について解説しています。納豆は高血圧予防に良いとされていますがその根拠というのはどういったものなのでしょうか。
悪玉コレステロールを減らす
納豆のような大豆食品にはコレステロール値を下げる効果があるといわれますが、本当なのでしょうか。
肌荒れ改善
納豆は肌荒れを改善する効果があるといわれています。その根拠について調べてまとめてみましたので参考にしていただければ幸いです。
ニキビ改善
納豆を食べるとニキビやニキビ跡を治すことができるといわれています。今回は納豆がニキビやニキビ跡を早く治すのに有効な理由を解説しています。
納豆ローションの作り方
納豆は美容食品として注目する女性も少なくありません。 確かに納豆は美容・健康に良いとされるビタミン類・ミネラル・イソフラボンといった栄養素が豊富です。 そして近年ではこうした納豆をローションにして肌に塗る美肌作りに取り組む人もいるようです。 どうして肌に納豆を塗ることが美肌に繋がるのでしょうか。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ