大豆アレルギーの治療方法

大豆アレルギーの治療方法

日本人の発症も多く三大アレルゲンと呼ばれる事もある大豆ですが、その多くは成長するにつれなおるものが多く、アナフィラキシーショックも少ないので薬物治療を行いながら、アレルギーの原因となるものを食事から避ける方向で治療が行われます。

 

基本的には食事療法

大豆アレルギーを治療する際の基本は食事の中で大豆食品を別のものに置き換えるというものです。
症状によっては豆腐や醤油は食べられるという人や小豆や豆腐は大丈夫という人もいるので、様子を見ながら専門家の指示のもと献立を組み立てるのが基本です。

 

方法として「耐性を獲得していく」というものもある

ちなみに方法として抗原を避ける食事療法とは逆に、摂取を繰り返して耐性をつけるという方法もあります。
漆職人が漆を繰り返し扱うなかで耐性を身に付けるように、徐々に抗原となるものを摂取して摂取をしても問題がないからだを作るという方法です。
ただしこれは一歩間違えれば生死に関わる可能性もありますし、家庭で行うには難しすぎるということで専門家の監視野元でしか基本は行われません。

 

どちらの方法をとるのかというのは、症状や原因、本人の体質などを確認したうえでなかえれば判断できません。
安易な知識でアレルギーの治療を試みず、まずは専門医に相談をしましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆アレルギーの原因
最近では発症する人が増えていると言われている大豆アレルギーですが、これは大豆に含まれているタンパク質の一部が原因なのではないかと考えられています。
大豆アレルギーの症状
大豆や大豆加工食品を食べると出てくるアレルギー反応の事を大豆アレルギーと言います。 これは他のアレルギー反応に比べると比較的重症になりにくいのですが、ここで発祥した場合の症状について紹介したいと思います。
大豆アレルギーが見つかった場合の食事について
大豆アレルギーというのは、三大アレルギーと言われるほど患者が多い一方で体が成長するにつれてなおる人も珍しくない病気です。 そのため基本的には食事から大豆食品を抜き気長に対応していくという事になります。
大豆アレルギーでも納豆は大丈夫?
大豆アレルギーについて調べているとよく見かける文句が「納豆のような発酵食品であれば大丈夫」というものです。 これは一面では事実ではありますが、確実に大丈夫というわけではないので注意が必要です。
大豆アレルギーで味噌は大丈夫?
日本人の食生活に書かせないものが大豆なのですが、その一方で大豆アレルギーというのは三大アレルギーの一つとされています。 大豆アレルギーについての文章のなかで「味噌や醤油は大丈夫」とかかれる事が多いのですが、これは本当でしょうか?
大豆アレルギーに醤油は大丈夫?
大豆とそれに関連する食品にたしてでる大豆アレルギーですが、原因は大豆に含まれているタンパク質とされています。 一方で醤油などは発酵の段階でタンパク質が分解されるので、比較的アレルギーの症状は出にくいとされています。
大豆アレルギーは春雨がダメ?
大豆と春雨になんの関係があるのかと思う方も多いと思いますが、基本的には全く関係ありません。 春雨は原料に緑豆を使っているので、大豆とは関係ないのですが、大豆アレルギーでも症状がひどい方は春雨でアレルギー反応がでる可能性があるのです。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ