大豆を栽培する時期について

大豆を栽培する時期について

大豆というのは病気や害虫被害などはありますが比較的栽培の難易度が低い作物で、一般的な畑作の知識さえ持っていれば簡単に栽培できます。
ここではどの時期に栽培を開始したら良いかなどをまとめてみました。

 

苗を植えるのであれば4月から

大豆は比較的高温に強い一方で、寒さには非常に弱いので4月から6月の暖かくなった時期に畑に植えます。
これは種であっても苗であってもほぼ同時期に始まるのですが、この時期は雨が多く水が多すぎると育たたない原因になるので、しっかりと排水対策を行いましょう。

 

収穫は10月以降

枝豆の場合植え付けの時期によって変わりますが6月から9月まで収穫するのが一般的です。
大豆はそれ以降の収穫となるので、10月から12月の寒くなり、豆の色が変わり葉が落ちた時期に収穫を行います。
因みに枝豆は「未成熟な大豆」ですので、枝豆の実を植えても栽培できるわけではありません。もし枝豆の種を取りたいのであれば、完全に熟成して種が取れるまで待ちましょう。

 

大豆は基本的に春先から、冬という一年かけて育てる物です。難易度としては、放置しておいてもどうにかなるというほど簡単では有りませんが比較的簡単で、畑作の知識さえあればだれでも収穫まで行けるので初心者の方にもお勧めできます。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆の栽培方法について
大豆は比較的栽培が簡単であり初心者に良く進められる農作物です。 とは言っても、病気や害虫、水やりなど基本的な知識は持っていないといけないので簡単にですがここでまとめてみました。
世界で一番生産している大豆産地は?
大豆というのはアジア圏では古くから食べられていましたが、欧米に伝わったのは比較的新しく、本格的な栽培が始まったのは19世紀に入ってからの事です。 しかし大豆を食用している地域というのは非常にすくなく、それは生産が多いからと言っても変わらないようです。
大豆の種類と特徴について
大豆は世界中で作られていますし、日本でも北海道から九州まで全国的に作られているので品種と言うのは数え切れないほどあり、それぞれの事情に合わせた特徴をもった大豆が日々生み出されています。 ここでは、その中でも豆の大きさで種類分けをしてみたいと思います。
収穫時期でみる大豆と枝豆の違い
大豆と枝豆というは基本的に同じものです。 とはいってもその違いをよくわかっていないかたも多いので、少し解説してみましょう。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ