大豆の種類と特徴について

大豆の種類と特徴について

大豆は世界中で作られていますし、日本でも北海道から九州まで全国的に作られているので品種と言うのは数え切れないほどあり、それぞれの事情に合わせた特徴をもった大豆が日々生み出されています。
ここでは、その中でも豆の大きさで種類分けをしてみたいと思います。

 

大豆は豆の大きさで三つに分けられる

一般的に、煮豆などそのままの形で料理に出されるのは大粒種と言う豆が大きい物です。
豆腐屋や醤油などに加工する目的の場合中粒種という、それよりも一回小さい物が使われるのが普通です。
それよりも小さな小粒種は、一般的に納豆を作るために作られます。
納豆で有名な産地の多くは、この小粒種の栽培も盛んに行われている大豆の産地であることが多いです。

 

色の違い

一般的に大豆の種類を分けるときは、大きさと色で区別することが多いようです。
私たちが一般的に考える大豆は「黄豆」と呼ばれるように、黄色い色をしておりこの種の若いころの豆を族に「枝豆」と呼びます。
正月の煮物料理として定番な「黒豆」も大豆の一種であり、他にも赤や青{枝豆のような緑色}白豆などが主な豆ですが、これらは一般的に同じような調理法をされる傾向にあるようです。

 

大豆と言うのは、料理から油までさまざまな需要があるため、日々改良が重ねられており、このような簡単な定義分けでは低がしきれないほどです。興味があるのであれば、普段食べている大豆のみではなく変わった品種を探してみるのもおもしろいかと思います。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆の栽培方法について
大豆は比較的栽培が簡単であり初心者に良く進められる農作物です。 とは言っても、病気や害虫、水やりなど基本的な知識は持っていないといけないので簡単にですがここでまとめてみました。
大豆を栽培する時期について
大豆というのは病気や害虫被害などはありますが比較的栽培の難易度が低い作物で、一般的な畑作の知識さえ持っていれば簡単に栽培できます。 ここではどの時期に栽培を開始したら良いかなどをまとめてみました。
世界で一番生産している大豆産地は?
大豆というのはアジア圏では古くから食べられていましたが、欧米に伝わったのは比較的新しく、本格的な栽培が始まったのは19世紀に入ってからの事です。 しかし大豆を食用している地域というのは非常にすくなく、それは生産が多いからと言っても変わらないようです。
収穫時期でみる大豆と枝豆の違い
大豆と枝豆というは基本的に同じものです。 とはいってもその違いをよくわかっていないかたも多いので、少し解説してみましょう。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ