世界で一番生産している大豆産地は?

世界で一番生産している大豆産地は?

大豆というのはアジア圏では古くから食べられていましたが、欧米に伝わったのは比較的新しく、本格的な栽培が始まったのは19世紀に入ってからの事です。
しかし大豆を食用している地域というのは非常にすくなく、それは生産が多いからと言っても変わらないようです。

 

アメリカが世界で一番の生産地

現在世界で一番大豆を生産している地域はアメリカで、ほぼ三割近くを生産しています。
しかしアメリカでは「大豆食品」という文化があまりありません。
アメリカで大豆が注目されるようになったのは、病害により綿花に大きく被害を受けたため、食用油として使われてた綿実油の生産が難しくなったため、その代用として使われ始めたという所からです。

 

世界的には「大豆油」目的が多い

アメリカ以下の生産地としてブラジル、アルゼンチン、中国、と続くのですがここでも主な用途は大豆油生産の為です。
日本では菜種油の消費が多いですが世界的には大豆油の方が消費量が多く、この需要を賄う為に生産している地域が多いのです。

 

最近では日本食ブームや健康志向の高まりから食用としての大豆製品にも注目が集まっていますが、一種の「薬」としての注目であり食文化という形とはまた違います。また最近ではバイオディーゼルという目的でも注目されているなど、食べるよりも油としての注目されることが多いようです。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆の栽培方法について
大豆は比較的栽培が簡単であり初心者に良く進められる農作物です。 とは言っても、病気や害虫、水やりなど基本的な知識は持っていないといけないので簡単にですがここでまとめてみました。
大豆を栽培する時期について
大豆というのは病気や害虫被害などはありますが比較的栽培の難易度が低い作物で、一般的な畑作の知識さえ持っていれば簡単に栽培できます。 ここではどの時期に栽培を開始したら良いかなどをまとめてみました。
大豆の種類と特徴について
大豆は世界中で作られていますし、日本でも北海道から九州まで全国的に作られているので品種と言うのは数え切れないほどあり、それぞれの事情に合わせた特徴をもった大豆が日々生み出されています。 ここでは、その中でも豆の大きさで種類分けをしてみたいと思います。
収穫時期でみる大豆と枝豆の違い
大豆と枝豆というは基本的に同じものです。 とはいってもその違いをよくわかっていないかたも多いので、少し解説してみましょう。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ