何故糖質制限食で大豆が勧められるのか

何故糖質制限食で大豆が勧められるのか

元々糖尿病患者の食事療法の一つとして行われていた「糖質制限」ですが、最近ではダイエットや健康維持に取り入れようという動きが存在しています。
そういった方の中で非常に注目を集めているのが、大豆です。

 

糖質制限に重要な「タンパク質」

そもそも糖質というのは炭水化物の一つであり、様々な食品に含まれています。
これを摂取しすぎると糖尿病になるのですが、摂取しなければしないで低カロリーによる障害を起こしやすくなります。
そこで低糖質ながらそれなりにカロリーがある高たんぱくの食事をとる必要があるという訳で、畑の肉と呼ばれる大豆に注目が集まっているのです。

 

糖質制限=糖尿病予防ではない

ただし注意点として糖質制限は糖尿病予防と被る部分はあるけれど、完ぺきな対策になるわけではないという事と、大豆の過剰摂取による健康被害の恐れが上げられます。
大豆の危険性として過剰摂取が甲状腺の障害を引き起こす可能性を指摘されているなど「常識を超えた摂取は健康障害を起こす」という事が判明しています。
またそもそも糖尿病というのは糖質以外にも脂質の過剰摂取でおこることが知られています。
なので「糖質制限の結果、脂質が多くなり糖尿病を発病する」という意見も存在しているのです。

 

糖質制限は現在書店に入門書が並ぶなどかなり行いやすい環境が揃ってはいますが、効果や害は議論の最中という面もあります。どちらを信じるかは結局本人次第ですが、軽い気持ちで行わずしっかりと納得した上で行いましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆は炭水化物が少ないからダイエットに向いている!
ダイエットをする際に「炭水化物の代わりにタンパク質をとれる大豆を主食の変わりにとれ」という事で大豆を勧める方がいますが、これは間違いです。
大豆の脂質は太る原因になる?
ダイエットと大豆の関係を調べてみると、「大豆は健康に良い食品でダイエットにも良い」という人と 「大豆はカロリーが高いからダイエットに向いていない」という二つの意見があります。 これはある意味どちらも正解であり、結局は主張する人間の損得で左右される程度の意見だったりします。
大豆は中性脂肪を下げる効果がある!
大豆には様々な効果があることが知られていますが、その中に中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるというのが一部で実証されています。 ただしこれは統計で実証されているだけの段階で、なぜこの様な効果があるかなどはまだ分かっていません。
大豆プロテインダイエットに効果はあるのか
ダイエットと一言でいっても色々なものがあるのですが、基本的には「食事の内容を変える」と「運動量を増やす」を行うことになります。 そこで「大豆プロテインダイエット」というものが産み出されたのですが、これはどの程度の甲かがあるのでしょうか?
大豆一粒あたりのカロリーはどのくらい
大豆というのは、「畑の肉」と呼ばれるほどたんぱく質が豊富な食べ物です。 たんぱく質は体を組織する重要な栄養素で、筋トレの際などには沢山摂取する事が重要なのですが、その一方でたんぱく質が多い食品は高カロリーになりがちという問題があります。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ