大豆の栄養成分について

大豆の栄養成分について

大豆のというのは畑の肉と言われるように非常にタンパク質が多い食品です、
と言っても、大豆には他にも色々な栄養があります。

 

タンパク質と炭水化物で6割を占める

大豆100g辺りの栄養素を見てみると、炭水化物とタンパク質が660gをしめます。
そのためボディビルダーやスポーツの選手の方のなかには、大豆を多く食べてからだ作りをする人も多いのですが、ダイエット食品として見ると、カロリーが非常に高いため食べ過ぎはよろしくないとされています。

 

その他の成分と食べる際の注意

ちなみに、炭水化物の次に多い成分が資質で2割をしめており、水分は1割りほどしかありません。
これは大豆に限った話ではないのですが、豆類というのは比較的脂質が多いものも多く消化しにくいものも多いのです、食べ過ぎると胃腸などに不調が出る可能性があります。健康な状態であれば相当片寄った食べ方をするなどしなければまず大丈夫ですが、病気や年齢などで体が弱くなっている方は注意しましょう。
また、この他にも栄養素として大豆イソフラボンやビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでおり、最近では大豆の栄養成分の見直しが進んでいます。

 

大豆は畑の肉というように、非常に体によい栄養成分をたくさん備えています。
とはいっても、注意点もあるので節度をもって食べるようにしましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆栄養の健康効果について
日本人に非常に馴染みがある大豆は、畑の肉と呼ばれるほどタンパク質が豊富であり、非常に健康に良い食べ物です。 また他にも資質やビタミンなどをバランスよく含みながら、コレステロールは低く、健康効果も期待されています。
大豆製品は血糖値を下げる
大豆について調べていると「大豆は血糖値を下げる」というサイトをよく見かけますが、これははっきり言って間違いです。 大豆に限った話ではありませんが「血糖値を下げる食べ物」などという物はこの世に存在していません。
亜鉛の摂取に大豆は向いているか
亜鉛について調べていると「大豆製品に亜鉛が多くふくまれている」という意見と「亜鉛を取りたいなら大豆製品は避けた方が良い」という二つの意見が存在しています。 これは何故でしょう?
大豆に含まれるアミノ酸について
大豆は非常に高たんぱくであり、その中には人間にとって必要な20種類のアミノ酸がすべて含まれています。 特に、体の中で作る事が出来ない必須アミノ酸が9種類も含まれており非常に健康に良い食品となっています。
大豆プロテインの効果について
大豆というのは「畑の肉」と言われるほどタンパク質が豊富に含まれている食品です。 そこで、大豆をプロテインの原料とした「ソイプロテイン」というものが存在しています、。
水溶性と不水溶性?大豆にふくまれる食物繊維について
大豆というのは非常に多くの食物繊維を含んでいます。 この食物繊維は「不水溶性」とよばれる物で、同じく豊富とされる海藻類「水溶性食物繊維」とはまた性質が異なります。 ここではその点について解説しましょう。
大豆と枝豆の違いについて
ビールのおつまみとして居酒屋のメニューなどによくならんでいる枝豆ですが、これは大豆と同じものだということを知っている人は以外と少ないようです。 またそれを知っている人でも、枝豆と大豆の違いはなにかという事をしっかりと答えられる人は少数派です。
納豆と大豆の栄養面における違い
日本人におなじみな大豆食品の一つとして挙げられるのが「納豆」です。 納豆は大豆を発酵させて作る物なのですが、発酵させた結果通常の大豆とは違う栄養素が存在しています。
腸内細菌によって大豆イソフラボンから生み出されるエクオールについて
大豆イソフラボンが女性ホルモンと同様の働きをするという説は以前からありましたが、最近になり大豆イソフラボンではなく大豆イソフラボンを腸内細菌が代謝して生み出されるエクオールの方が効果があるのではないかという説が出されました。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ