大豆イソフラボンの過剰摂取による被害は?

大豆イソフラボンの過剰摂取による被害は?

大豆に多く含まれており健康維持のためなどに注目が集まっている大豆イソフラボンですが、一方で「過剰摂取の結果起きた被害」というのも報告されています。

 

日本人の生活であれば基本的に足らないことは無い

大豆というのは日本人の生活のなかで深く根付いており、それと大豆イソフラボンも十分摂取できていると考えられています。
そのため食生活の乱れや健康への多少の効果を期待してとる健康食品を多くとってしまうと健康被害が起こる恐れがあり、厚生労働省などが注意喚起をしています。

 

「どの程度までは大丈夫なのか」が判っていない

とは言っても上に書いたように日本人にとって大豆というのは基本的な食品の一つであり、大豆の過剰摂取によって健康被害が起きたなどという事は報告されていません。
報告されているのはプロテインや健康食品などの「濃縮された大豆成分を含む食品」であり、こちらもどの程度までの摂取であれば問題ないのかという事は全く分かっていません。

 

現在は「食事の中では一日70mg。そこにプロテインなどで摂取するのであれば30mg」という基準が公示されていますが、これは「確実に安全な値」でありこれを超えたからと言ってすぐに健康被害が出るという訳ではありません。
しかし、気を付けるには越した事が無いので健康食品などで大豆イソフラボンの摂取を考えている方は注意しましょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

大豆イソフラボンの副作用
健康食品として注目を集めている大豆イソフラボンですが、いくら体に良いと言っても偏った過剰摂取は行けません。 ここでは過剰摂取の結果起こる副作用について解説したいと思います。
大豆イソフラボンを摂取するときの注意点
女性ホルモンと同じような働きをするという事で健康維持の分野で注目されており、健康食品や美容関係の製品によく使われているのが大豆イソフラボンです。 しかしこれはまだ比較的新しく発見されたもので、研究が進んでおらず注意喚起されていたりもします。
加工していない大豆は甲状腺機能障害の原因になる?
たんぱく質が豊富であったり、女性ホルモンに近い働きをする大豆イソフラボンが含まれていたりと非常に健康に良い食品なのですが、加工をしていない大豆は「甲状腺機能障害の原因になる」という説が存在します
大豆イソフラボンが肝臓ガンのリスクを増やす?
国民病の一角を担っているガンを減らすための研究は日夜行われており、真偽が定かではないものから立証されたものまで様々なものがあります。 そんな中でかつて出された論文において「大豆イソフラボンの摂取は肝臓ガンのリスクを高める」というものがあり、大きな話題となりました。
大豆イソフラボン入り化粧水でアレルギーの可能性
はだのつややはりなどの効果を期待して大豆イソフラボンを含んでいる化粧水というのは以外と多く存在しています。 これらは大豆イソフラボンが入っているので、大豆アレルギーの方はこれに反応して症状がでる可能性があります。
妊娠中に摂取する「大豆イソフラボン」について
一般論として「妊娠中の女性は大豆イソフラボンの過剰摂取を避けるべきである」という意見が普通であり、国としてもそのように推奨しています。 健康被害も報告されていますし、科学的な要素もまだ判明していない分野なので妊婦の方は注意しましましょう。
発芽していない大豆には毒がある?
古くからの経験則で「発芽していない大豆を大量に食べる事は体によくない」という事を伝える人は多かったのですが、最近は大豆を調理する人もが少なくなったためか、以外と知らない人が多いようです。
蕁麻疹がすぐにでる?大豆アレルギーの反応による分類
大豆アレルギーや食物アレルギーと一口に言っても症状の重さや症例などによって色々と分類が可能なのですが、「摂取後どの程度の時間がたって蕁麻疹などの症状がでるか」という分類方法が存在しています
豆乳アレルギーの症状って?
豆乳も大豆加工製品の一つなので、大豆アレルギーの方が摂取すると症状が出る場合があります。 ただ、最近では大豆アレルギーではなく、大豆製品は大丈夫なのに豆乳だけにアレルギーが出るという症状が報告されています。
輸入大豆は農薬を使っていて危険?
輸入食品への農薬の残留が問題になるたびに「輸入されている大豆は農薬が残っていて危険」という真偽が判らない話が出てきます。 これは「そこまで気にする必要はない」という話ではあるのですが、少しまとめてみたいと思います。
過剰摂取に注意!大豆プロテインが原因の肝臓の病気について
大豆プロテインは、動物性タンパク質とは違う植物性タンパク質がとれるという事以外にも、大豆イソフラボンなどの効果をを得るために女性がサプリメント変わりにとる事もあります。 しかし、無計画な摂取や効果を過信した摂取は肝臓に負担をかけ病気の原因となってしまいます。
食べ過ぎに注意。子供と大豆の栄養について
大豆は「畑の肉」と言われるほどタンパク質や栄養が豊富な食べ物なのですが、その一方で脂質やカロリーが非常に多く子供や老人は注意が必要な食べ物でもあります。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ