納豆のぬめりの取り方

納豆のぬめりの取り方

納豆のぬめりを取る方法を紹介しています。納豆を食べたあとの器ってやっぱりヌルヌルしてしまいますよね。スポンジを使ってもスポンジにヌルヌルがついてしまうのは抵抗があります。ぬめりを取る良い方法はないのでしょうか。

 

水につけておく

この時にぬめりをとる方法に関してですが、基本的にはすぐにスポンジなどで洗わずに少しの間お湯につけておきます。

 

納豆菌は嫌水性の菌ですので水につけておくだけでも勝手にぬめりはなくなっていきます。

 

ある程度水につけておいておいたら軽く手でこすって洗い、最後にスポンジで洗います。

 

この方法ならば器にぬめりが残ることも、スポンジにヌルヌルがついてしまうこともありません。

 

離乳食として食べさせるためにぬめりを取る

離乳食として納豆を上げる時なんかは納豆のぬめりを取ることも多いです。

 

赤ちゃんに納豆をそのままあげたらネバネバがのどにひっかかったり、嫌がって食べなかったりするので軽く茹でてあげます。

 

納豆は茹でて熱を通してあげたらかなり臭みも粘りもとれますので、納豆になれない子でもとても食べやすいかと思います。

 

それかぬめりがあっても食べやすいように、お粥の中に混ぜてあげてもつるっと食べられるかと思います。

 

お粥納豆わりと喜びますよ。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

自家製納豆の作り方
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
乾燥納豆の作り方
納豆嫌いでも納豆の栄養が摂取できる「干し納豆」の効果を解説しています。
冷凍保存できる?期間の目安は?
納豆は冷凍保存できるの?また冷凍保存できるとして解凍の仕方は?期間の目安は?といった疑問をお持ちの方への解凍です。
納豆って腐るの? 賞味期限切れの納豆について
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
朝と夜どっちに食べるほうが良いの?
納豆といえば朝の定番というイメージが強いですが、朝よりも夜に食べたいという人も多いはずです。はたして納豆は朝と夜どっちに食べるほうが効果的なのでしょうか。
寝る前に食べるメリット
納豆を寝る前に食べるのはあまりよくないの?ということを疑問に思う方がいるようなのでメモしておきます。
納豆の表面に白いぶつぶつがあるけど何なの?
納豆に白いぶつぶつがある!これ何なの?腐ってるの?・・・ちょっと不安になりますよね。日にちがたつと納豆の表面に現れるぶつぶつについて解説しています。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ