納豆は朝と夜どっちに食べるほうが良いの?

納豆は朝と夜どっちに食べるほうが良いの?

納豆といえば朝の定番というイメージが強いですが、朝よりも夜に食べたいという人も多いはずです。はたして納豆は朝と夜どっちに食べるほうが効果的なのでしょうか。

 

納豆は夜に食べたほうが良い

結論から言ってしまえば納豆は朝よりも夜に食べたほうが健康効果は得られます。

 

納豆の健康効果の根源というと血液をサラサラにするといわれるナットウキナーゼが挙げられます。

 

ナットウキナーゼというのは食後10〜12時間効果を持続し続けますので睡眠中の血液の滞留を防止し、睡眠中に栄養が体をめぐりやすくなるといわれているからです。

 

そのためナットウキナーゼの効果の時間が重なるように、夜の時間帯に納豆を食べることが望ましいというわけですね。

 

成長ホルモンの分泌を促す

さらに納豆に豊富に含まれているアルギニンは、肌や髪の修復に必要な成長ホルモンの分泌を促進してくれます。

 

成長ホルモンの分泌は就寝後2〜3時間とわれていますので、やはり納豆を食べるタイミングは夜のほうが望ましいのです。

 

ただし寝る前といってもあまり寝る直前すぎても体に良くありません。睡眠の3時間前にはあまり食べないほうがいいですね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

自家製納豆の作り方
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
乾燥納豆の作り方
納豆嫌いでも納豆の栄養が摂取できる「干し納豆」の効果を解説しています。
冷凍保存できる?期間の目安は?
納豆は冷凍保存できるの?また冷凍保存できるとして解凍の仕方は?期間の目安は?といった疑問をお持ちの方への解凍です。
納豆って腐るの? 賞味期限切れの納豆について
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
寝る前に食べるメリット
納豆を寝る前に食べるのはあまりよくないの?ということを疑問に思う方がいるようなのでメモしておきます。
納豆の表面に白いぶつぶつがあるけど何なの?
納豆に白いぶつぶつがある!これ何なの?腐ってるの?・・・ちょっと不安になりますよね。日にちがたつと納豆の表面に現れるぶつぶつについて解説しています。
ぬめりの取り方
納豆のぬめりを取る方法を紹介しています。納豆を食べたあとの器ってやっぱりヌルヌルしてしまいますよね。スポンジを使ってもスポンジにヌルヌルがついてしまうのは抵抗があります。ぬめりを取る良い方法はないのでしょうか。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ