納豆菌の効能/ダイエット効果・血栓予防・ビタミンKで骨が丈夫に!

乾燥納豆の作り方

納豆嫌いでも納豆の栄養が摂取できる「干し納豆」の効果を解説しています。

 

干し納豆の効果を知ろう

納豆といえばカルシウム、ビタミン、食物繊維が豊富な健康食品。便秘解消・抗酸化作用・代謝改善・脂肪燃焼など様々な効能があることがわかっています。

 

でもいくら健康食品だとわかっていても、納豆の匂いやネバネバが苦手だという人も多いでしょう。苦手なものを無理やり詰め込むのも逆に不健康そうですよね。

 

そんな人におすすめなのが「干し納豆」です。

 

納豆を干すメリット

納豆を干すことは意外にメリットが大きいのですよ。

 

・食物繊維の増加
・カリウムが1.5倍になる
・鉄分が1.8倍になる
・亜鉛が2倍になる

 

などなど。

 

また納豆のネバネバもなくなり、独特の臭みも和らぐので納豆嫌いの人でも別の食べ物のように食べられると思います。栄養面も納豆と一緒です。

 

干しても納豆菌は死滅しない?

不安要素として「納豆菌は生きているの?」という疑問があるかもしれませんが、納豆菌は干した程度で死滅するようなタマではありませんので安心してください。

 

しっかりと生きていますよ。

 

その為干し納豆を食べることで納豆菌が腸に届き、善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれます。整腸作用というやつですね。

 

便秘解消、代謝のアップ、体調万全!干し納豆は良いことづくしです。

 

小腹が空いた時のお菓子感覚で食べるのもいいですし、サラダにトッピングしてもいいかもしれませんね。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

自家製納豆の作り方
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
冷凍保存できる?期間の目安は?
納豆は冷凍保存できるの?また冷凍保存できるとして解凍の仕方は?期間の目安は?といった疑問をお持ちの方への解凍です。
納豆って腐るの? 賞味期限切れの納豆について
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
朝と夜どっちに食べるほうが良いの?
納豆といえば朝の定番というイメージが強いですが、朝よりも夜に食べたいという人も多いはずです。はたして納豆は朝と夜どっちに食べるほうが効果的なのでしょうか。
寝る前に食べるメリット
納豆を寝る前に食べるのはあまりよくないの?ということを疑問に思う方がいるようなのでメモしておきます。
納豆の表面に白いぶつぶつがあるけど何なの?
納豆に白いぶつぶつがある!これ何なの?腐ってるの?・・・ちょっと不安になりますよね。日にちがたつと納豆の表面に現れるぶつぶつについて解説しています。
ぬめりの取り方
納豆のぬめりを取る方法を紹介しています。納豆を食べたあとの器ってやっぱりヌルヌルしてしまいますよね。スポンジを使ってもスポンジにヌルヌルがついてしまうのは抵抗があります。ぬめりを取る良い方法はないのでしょうか。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ