納豆菌の効能/ダイエット効果・血栓予防・ビタミンKで骨が丈夫に!

納豆のムチンの効果・効能

納豆のネバネバの正体であるムチン。このムチンにはどのような効果・効能があるのでしょうか。

 

 

■ムチンとは
ネバネバ食品といえば納豆だけではありませんよね。オクラ、山芋、納豆などなど私たち日本人にとってネバネバ食品というのは非常に身近な存在としてあります。そのネバネバの正体にあたるのが今回紹介するムチンです。ムチンというのは糖とたんぱく質が結合してできた多糖体です。

 

ムチンの効果・効能〜体内に存在している〜

納豆の旨味成分としても働くほか、鼻や喉の粘膜をつくる主成分としての役割を果たし、ウイルスや細菌から体を守ってくれるのに貢献しています。

 

さらに胃壁を守ってくれる粘膜の主成分でもあるので胃炎や胃潰瘍の予防にもなります。

 

同様の理屈で腸でも有益な働きをしてくれています。

 

このようにムチンというのは我々の消化器官の正常な働きには欠かせない存在なのです。

 

ムチンを積極的に摂取することで消化器官が丈夫になり、食べ物の消化吸収効率が高まっていくのです。

 

山芋からムチンを摂取する際の注意

私たちは山芋を食べる時摩り下ろして「とろろ芋」として食べることが多いのですが、ムチンは摩り下ろすことで破壊されてしまうようです。また熱にも弱いので焼くこともNGです。

 

なのでムチンを摂取したいのなら山芋は生で摩り下ろさず千切りにするなどして食べるのが理想でしょう。

<スポンサードリンク>
<スポンサードリンク>

関連ページ

イソフラボン
納豆に豊富に含まれるイソフラボンは更年期障害の緩和や骨粗しょう症の予防、ホルモンバランスの調整など健康面の効能が大きいですが、1日にどの程度摂取すればよくて、そもそも納豆にはどれくらいの含有量があるのでしょうか。
ビタミンK
ビタミンKは1934年にデンマークの研究者に発見されたビタミンです。納豆にも豊富に含まれていて骨を強くしてくれたり、怪我の治りを早くしてくれたりします。
ポリグルタミン酸
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
カルシウム
納豆の健康効果は昔から注目されています。血栓予防のナットウキナーゼ、整腸作用・ダイエットの納豆菌、骨を丈夫にするムチンなど数々の栄養が日本人の健康を昔から支えてくれました。本サイトではそんな納豆の効能やそれを増幅させるアレンジ方法などを紹介しています。
納豆のネバネバの成分とは?
納豆のネバネバの正体、つまりどのような成分、栄養があるのか。どのような効能があるのかといったことを解説しています。
納豆の栄養は加熱したら壊れてしまうの?
確かに加熱をするとネバネバが少なくなりますし、納豆といえば「ネバネバが元気の素」といわれるくらいですから焼いたり炒めたり茹でたりすることで栄養が壊れてなくなってしまうのではないかと思ってしまいますよね。
納豆1パック分の鉄分量とは
納豆の1パック分の鉄分の量は何mgなのでしょうか。
納豆の酵素の働き
納豆の酵素の働きについて解説しています。納豆には様々な酵素が含まれており、納豆を健康食品たらしめているのはこの酵素群のおかげともいえます。

 
健康効果 栄養素一覧 ダイエット効果 ナットウキナーゼ 納豆アレンジ